スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
chim.
スポンサー広告


かいじゅうたちのいるところ
kaijuu.png

I'll eat you up, I love you so.
(食べちゃいたいくらい君が好き)

でおなじみの映画、みました。
原作は読んだことないんですが…何とかついていけました。

ダグラスかわいい!
右手(前足?)の代用かわいい!
かいじゅうたちにモフモフされたい!
モフモフハァハァ… (;´Д`)ハァハァ

おっと、失礼。

私の印象に残った言葉は…、

It's hard being a family.
(家族って難しい)

くらいかな?あとは大体「うぉ~」と叫んでらしたので。かいじゅうだけに。

まぁ、何にしても主人公の男の子に共感しづらい。
ナイーヴな子なんだろうね、きっと…くらいにしか思えないのが残念。あのフリーダム具合…日本人の感覚では理解しにくいよね。
う~ん…男の子だから?っていうのもなさそうだし。最初のシーンで「うぜ!」って思ったら負け。
この子の心の動きが分かる人は私の100倍はこの作品を楽しめるはず。
そこのピーターパンの心を持つアナタ!ぜひ挑戦してみておくれっ。

もう少し子ども心(純粋な何か)を勉強しなければ。
きっと私はもう世間ではオトナの部類に入るから、おいそこは空気読もうよとか思ってしまうのでしょうが…。
…とりあえず原作読むべき?

独特の世界観とダグラスそのものとキャロルの理想都市(?)の模型に水~のシーンは大好物ですがね!

かいじゅうたちのいるところ Blu-ray&DVDセット(初回限定生産)かいじゅうたちのいるところ Blu-ray&DVDセット(初回限定生産)
(2010/05/19)
マックス・レコーズ
キャサリン・キーナー

商品詳細を見る

chim.
しゅーまつしねま.
0 0

comment
comment posting














 

trackback URL
http://sketchimook.blog118.fc2.com/tb.php/176-9e4da403
trackback
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。